テサラン 副作用

MENU

テサランに副作用はあるのでしょうか?

手汗を予防するグッズとして売れているテサランですが、自然に出てくる汗を無理やり止めるのですから、副作用があるのかどうか気になりますよね。

 

副作用とっても飲み薬みたいに体内に入れるものではありませんから、腹痛や下痢が起こるわけではありませんが、肌荒れは皮膚の炎症等があるのかどうかについて調べてみました。

 

■手汗予防クリームの副作用について

 

手汗予防クリームの副作用があるかどうかは、使っている成分に関わってきます。

 

テサランに配合されている全成分は、こちらの”テサランに使用している全成分”に書いていますが、この中で注目したいのが、制汗作用のあるクロルヒドロキシアルミニウムと、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールです。

 

・制汗作用のある成分

 

ワキガ対策や体臭対策などのデオドラントグッズに使われる成分としては、塩化アルミニウムが有名ですが、最近では、テサランに使用されているクロルヒドロキシアルミニウムを使う製造元が多くなってきました。

 

その主な理由が肌への刺激。

 

皮膚が丈夫な外国人なら塩化アルミニウムでも大丈夫なのですが、肌が繊細な日本人には塩化アルミニウムは刺激が強すぎて、日本人の肌になると炎症を起こしたり、かゆみを伴ったりしてしまうのです。そういう意味では、テサランは、低刺激の制汗成分であるクロルヒドロキシアルミニウムを使っているので肌が荒れにくく、肌荒れや炎症を起こしにくいと言えます。

 

・殺菌作用のある成分

 

テサランに使われている殺菌作用がある成分、イソプロピルメチルフェノールは、ごく一般的に化粧品や育毛剤、ハンドソープに使われている成分で、よほど敏感な肌でない限り肌への刺激はないと考えても問題ありません。

 

・サイト管理人が使ってみて肌荒れがあったのか?

 

私は、敏感肌で顔に使っている基礎化粧品は全て敏感肌向けのものにしています。合成香料や質の悪い防腐剤を使っている化粧水を使うと、すぐに肌が赤く反応してしまうんですね。実際手と顔の皮膚の厚みは違いますが、刺激成分に反応しやすい肌であることは間違いないので、参考にはなると思います。

 

それで、テサランを使ってみたときの肌の反応ですが、「全く問題ありませんでした

 

最初の3日くらいはちょっとびくびくしていましたが、なんともなかったので、今度は手のひらよりも皮膚が薄い脇の下で少しだけ調査をしてみることに。その結果においても、まったく肌は問題ありませんでした。

 

制汗効果の方は、手のひらはもちろんの事、脇の下でも効果があったので驚きでした。脇の下って普段服や腕に守られていますから、体の中でも皮膚が薄く、敏感肌の方なんですが、そこで刺激を感じなかったということは、他でも大丈夫なんだと思います。

 

【まとめ:テサランに副作用はあるの?】

 

制汗成分のクロルヒドロキシアルミニウムは、肌に優しいタイプの成分で、肌への刺激はほとんどない。殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールは、ごく一般的に化粧品に使われているもので、特に問題ない。その他の成分も刺激成分は配合されておらず、成分的に副作用があるものはありません。

 

敏感肌のサイト管理人が手のひら、脇の下で試したところ特に問題はなかった。よって、サイト管理人が調べた範囲では、副作用はないと言える。

 

【関連記事】

テサランを使ってみた感想・レビュー